« 道端のさほど日当たりせぬ場所に目立たず咲けるの著莪の妖艶 | トップページ | 草刈りの作業終はるを待つ如く雨降り出して夜更けとなりぬ »

2018年4月23日

都心とは鉄とガラスの建物で遠くの景色隠さるる土地


180423w

今日は久しぶりで都心に出た。10年前までは毎日都心に通勤していたのに、近頃は大都会の雰囲気が珍しく思えるようになった。とくに地下鉄でどこからどこまで何分という 「土地勘」 が薄れてしまったので、「あれ、北千住から神谷町まで、こんなに時間がかかったっけ」 なんて思ったりする。

ほとんど 「お上りさん」 である。

|

« 道端のさほど日当たりせぬ場所に目立たず咲けるの著莪の妖艶 | トップページ | 草刈りの作業終はるを待つ如く雨降り出して夜更けとなりぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都心とは鉄とガラスの建物で遠くの景色隠さるる土地:

« 道端のさほど日当たりせぬ場所に目立たず咲けるの著莪の妖艶 | トップページ | 草刈りの作業終はるを待つ如く雨降り出して夜更けとなりぬ »