« 通り雨過ぎて間もなき米子なる空港に着き空見上げたり | トップページ | 行く夏を惜しむ風情の湧くこともなき夕暮れの雲紅く染む »

2018年8月29日

赤土のベルトの如くどこまでもダム湖の岸を廻りゐるなり


180829w

鳥取県と島根県の県境付近の日南町というところの、かなり山の中まで入って行き、途中の菅沢ダムというところで休憩した。水が減って赤い土が露出しており、この夏の雨量の少なさを物語っていた。

|

« 通り雨過ぎて間もなき米子なる空港に着き空見上げたり | トップページ | 行く夏を惜しむ風情の湧くこともなき夕暮れの雲紅く染む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤土のベルトの如くどこまでもダム湖の岸を廻りゐるなり:

« 通り雨過ぎて間もなき米子なる空港に着き空見上げたり | トップページ | 行く夏を惜しむ風情の湧くこともなき夕暮れの雲紅く染む »