« 川土手を越えて吹き来る秋風の彼岸過ぎたる肌寒さなり | トップページ | 玄関のたたきの色に溶け込めど飛蝗は己が陰に気付かず »

2018年9月27日

小雨降る刈田に降りて白鷺はあさるともなく落ち穂をあさる


180927w

稲刈りの終わった田に白鷺が飛んできて落ち穂をあさっている。毎年の光景だが、もう秋ということだ。

|

« 川土手を越えて吹き来る秋風の彼岸過ぎたる肌寒さなり | トップページ | 玄関のたたきの色に溶け込めど飛蝗は己が陰に気付かず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小雨降る刈田に降りて白鷺はあさるともなく落ち穂をあさる:

« 川土手を越えて吹き来る秋風の彼岸過ぎたる肌寒さなり | トップページ | 玄関のたたきの色に溶け込めど飛蝗は己が陰に気付かず »