« 雨降りてそして止めども虫たちの鳴き通す声常に変はらず | トップページ | 小雨降る刈田に降りて白鷺はあさるともなく落ち穂をあさる »

2018年9月26日

川土手を越えて吹き来る秋風の彼岸過ぎたる肌寒さなり


180926w

「暑さ寒さも彼岸まで」 というが、さすがに最近の極端な天気のことだから、涼しさを通り越して肌寒さを感じるまでになった。ところが来月初めはまた暑さが戻るというのだから、わけがわからない。

一度肌寒くなってからの三十度は、さぞかし暑く感じるだろう。

|

« 雨降りてそして止めども虫たちの鳴き通す声常に変はらず | トップページ | 小雨降る刈田に降りて白鷺はあさるともなく落ち穂をあさる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 川土手を越えて吹き来る秋風の彼岸過ぎたる肌寒さなり:

« 雨降りてそして止めども虫たちの鳴き通す声常に変はらず | トップページ | 小雨降る刈田に降りて白鷺はあさるともなく落ち穂をあさる »