« 小雨降る刈田に降りて白鷺はあさるともなく落ち穂をあさる | トップページ | またしても非常に強き台風の道筋に我が列島はあり »

2018年9月28日

玄関のたたきの色に溶け込めど飛蝗は己が陰に気付かず


180928w

昼前に家を出ようとすると、玄関のたたきに一匹のバッタがいた。保護色で見事なまでの擬態だが、残念ながら今日の強い日差しのせいで陰がくっきりと刻まれていて、その気になればすぐに見つかる。

|

« 小雨降る刈田に降りて白鷺はあさるともなく落ち穂をあさる | トップページ | またしても非常に強き台風の道筋に我が列島はあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玄関のたたきの色に溶け込めど飛蝗は己が陰に気付かず:

« 小雨降る刈田に降りて白鷺はあさるともなく落ち穂をあさる | トップページ | またしても非常に強き台風の道筋に我が列島はあり »