« 川幅を普段の倍にまで拡げ野分は夜明け前に去りたり | トップページ | 西空に夕焼け雲の輝きて小貝の流れ紅く染めたり »

2018年10月 2日

南面の窓の網戸を這ひ廻る椿象の腹に見とれてをりき


181002w

今日の昼頃、私の仕事部屋の窓にしつらえてある網戸を、カメムシが這っていた。カメムシを背ではなく腹の側からまじまじと見たのは初めてで、じっと見入ってしまった。

とはいえ間違えて潰してしまうと臭くなってしまうので、最後は慎重にお引き取りいただいた。

|

« 川幅を普段の倍にまで拡げ野分は夜明け前に去りたり | トップページ | 西空に夕焼け雲の輝きて小貝の流れ紅く染めたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南面の窓の網戸を這ひ廻る椿象の腹に見とれてをりき:

« 川幅を普段の倍にまで拡げ野分は夜明け前に去りたり | トップページ | 西空に夕焼け雲の輝きて小貝の流れ紅く染めたり »