« 舌先に僅かな刺激感じつつ酸味の強きヨーグルトすする | トップページ | ふと見れば既に日暮れの時なりき白雲未だ見分けつけども »

2018年11月 4日

湿りたる杉の木肌に走る皸を修復せるが如く匍ふ蔓


181104w

森の中をゆったりと歩くと、普段は気付きもしない面白い光景に出会う。

|

« 舌先に僅かな刺激感じつつ酸味の強きヨーグルトすする | トップページ | ふと見れば既に日暮れの時なりき白雲未だ見分けつけども »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湿りたる杉の木肌に走る皸を修復せるが如く匍ふ蔓:

« 舌先に僅かな刺激感じつつ酸味の強きヨーグルトすする | トップページ | ふと見れば既に日暮れの時なりき白雲未だ見分けつけども »