« 湿りたる杉の木肌に走る皸を修復せるが如く匍ふ蔓 | トップページ | 水量を一気に増して流れゐる川の向こうに霞む家々 »

2018年11月 5日

ふと見れば既に日暮れの時なりき白雲未だ見分けつけども


181105w

日が短くなった。これは午後五時半頃の空。これからますます日暮れが早くなる。

|

« 湿りたる杉の木肌に走る皸を修復せるが如く匍ふ蔓 | トップページ | 水量を一気に増して流れゐる川の向こうに霞む家々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふと見れば既に日暮れの時なりき白雲未だ見分けつけども:

« 湿りたる杉の木肌に走る皸を修復せるが如く匍ふ蔓 | トップページ | 水量を一気に増して流れゐる川の向こうに霞む家々 »