« 近江なる琵琶湖の岸の山並みの僅かに白く染まれるの見ゆ | トップページ | 立春の暖かき日の落ちてより冷たき風の蘇りたり »

2019年2月 3日

昼過ぎに冷たき風の吹き止みて日没の色赤み増したり


190203w

先月末から何かと忙しく、二月の最初の二日間は広島への出張が入ってしまった。広島というところは、かなり遠く感じる。九州や北海道なら空路で行けるが、広島だと新幹線を利用することが多く、自宅から六時間ぐらいかかってしまう。

そんなわけで、今日は疲労回復の日としたかったが、結局のところ、朝からいろいろな用件があって、日が暮れてから自宅に戻ることになった。節分の日没は、まだまだ早い。

|

« 近江なる琵琶湖の岸の山並みの僅かに白く染まれるの見ゆ | トップページ | 立春の暖かき日の落ちてより冷たき風の蘇りたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 昼過ぎに冷たき風の吹き止みて日没の色赤み増したり:

« 近江なる琵琶湖の岸の山並みの僅かに白く染まれるの見ゆ | トップページ | 立春の暖かき日の落ちてより冷たき風の蘇りたり »