« グランドの灯の消えて後残り香の如き白さも薄くなりゆく | トップページ | 青空を背景とする筑波嶺の頂上直下に雲のたなびく »

2019/05/28

川土手に伸びてはびこる鴨萱を端から刈りて日暮れとなりぬ


190528w

二月頃の杉花粉アレルギーから始まってヒノキ花粉へと映り、それがようやく楽になった途端に今は、「カモガヤ花粉症」である。一年のうち五ヶ月は花粉症である。

今日は少し涼しかったので、我が家のすぐ裏手を流れる川の土手の草刈りをした。エンジン式の草刈機をフル活用して、カモガヤを含む雑草を片っ端から刈らせてもらった。おかげで今夜はくしゃみが出ない。

 

|

« グランドの灯の消えて後残り香の如き白さも薄くなりゆく | トップページ | 青空を背景とする筑波嶺の頂上直下に雲のたなびく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« グランドの灯の消えて後残り香の如き白さも薄くなりゆく | トップページ | 青空を背景とする筑波嶺の頂上直下に雲のたなびく »