« 秋の気を葉に閉ぢ込めて地に落とし無きものとする銀杏の並木 | トップページ | 夜も更けて雲に隙間の空ききたり明くれば冬の朝となるらし »

2019年11月27日

午後五時の橋を行き交う自動車は全てライトを灯しゐるなり

191127w

近頃の『和歌ログ』は、日が暮れてからの写真が多い。何だかんだやってるうちに、ふと気付けば世の中が暗くなってしまっているのだから仕方がない。カラダがもっと冬モードにならないと、明るいうちの写真を撮るのが難しい。

今日の写真は、小貝川を渡る橋を行き交うクルマのライトを狙っている。

|

« 秋の気を葉に閉ぢ込めて地に落とし無きものとする銀杏の並木 | トップページ | 夜も更けて雲に隙間の空ききたり明くれば冬の朝となるらし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 秋の気を葉に閉ぢ込めて地に落とし無きものとする銀杏の並木 | トップページ | 夜も更けて雲に隙間の空ききたり明くれば冬の朝となるらし »