« 午後五時を過ぎれば既に日暮れにはあらず世界は宵となりゐる | トップページ | 江戸の世を今に変へたる心根を密かに残す城を見上げぬ »

2019/11/08

沈む陽を見送る如く背の高き棕櫚は並びて川面に映る

191108w

高知に来ている。高知市内に着いたのは日暮れ前で、背の高い棕櫚の並木が川面に映っていた。

|

« 午後五時を過ぎれば既に日暮れにはあらず世界は宵となりゐる | トップページ | 江戸の世を今に変へたる心根を密かに残す城を見上げぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午後五時を過ぎれば既に日暮れにはあらず世界は宵となりゐる | トップページ | 江戸の世を今に変へたる心根を密かに残す城を見上げぬ »