« 沈む陽を見送る如く背の高き棕櫚は並びて川面に映る | トップページ | 北海道四国を行きつ戻りつし久方ぶりに聞く TBS »

2019/11/09

江戸の世を今に変へたる心根を密かに残す城を見上げぬ

191109

高知から帰ってきた。高知城のすぐ近くまで行ったのだが登ってみる時間はなく、下から眺めるだけだった。この城は江戸時代に創建されたものが残っているので、エレベーターで天守まで登ることなんてなく、前に登った時の記憶では結構疲れるけれどなかなかいいものだった。

|

« 沈む陽を見送る如く背の高き棕櫚は並びて川面に映る | トップページ | 北海道四国を行きつ戻りつし久方ぶりに聞く TBS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 沈む陽を見送る如く背の高き棕櫚は並びて川面に映る | トップページ | 北海道四国を行きつ戻りつし久方ぶりに聞く TBS »