« 冬の日の昇る前よりひむがしの空は冷たき紅に染まれり | トップページ | 京都駅二階のコーヒーショップより見下ろすコンコースに寒風渡る »

2019年12月 5日

冬の日の吉野の山の谷筋の見上ぐる空の幅の狭さよ

191205w

関西に出張している。関西といっても吉野の山の中で、山間の冬の日はあっという間に暮れてしまった。

|

« 冬の日の昇る前よりひむがしの空は冷たき紅に染まれり | トップページ | 京都駅二階のコーヒーショップより見下ろすコンコースに寒風渡る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の日の昇る前よりひむがしの空は冷たき紅に染まれり | トップページ | 京都駅二階のコーヒーショップより見下ろすコンコースに寒風渡る »