« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020/01/31

冬空に春の支度をする土よ誰に言はるるわけでもなきに

200131w

今日もいい天気だった。ただ気圧配置が冬型に変わった東京やらで、風は一挙に冷たくなったが。

 

| | コメント (0)

2020/01/30

頂きに雪の積もりて青空の前に浮き出る日光の山

200130w

昨日に続いて今日もすっきりとした晴天で、北の方に日光の山々が見えた。左側が男体山で右側が女峰山から日光白根山に連なる山並みだと思う。

こうして頂きに雪が積もるとしっかりとわかるが、雪のない季節は晴れたとしても、青空に溶け込んでしまってわかりにくい。

 

| | コメント (0)

2020/01/29

雨風で汚れ祓はれたる如く筑波の嶺の鮮やかに見ゆ

200129w

昨夜は各地で大雨になったようで、つくばの里も朝は小雨模様で、昼前まで寒々とした曇り空だった。それが 2時頃から一変して快晴になり、空気中のチリも雨と風で払われてしまったらしく、筑波山が驚くほどきれいに見えた。

 

| | コメント (0)

2020/01/28

大雨を避けて家路を急ぎゐるヘッドライトが行き過ぎて行く

200128w

今日はずっと雨模様だったが、日の沈むのが遅くなったので、午後 6時近くになってもまだ外は真っ暗じゃない。ただ、夜遅くなると雨が強くなるというので、家路を急ぐクルマのヘッドライトが次々に行きすぎていく。

 

| | コメント (0)

2020/01/27

辛うじて雪にならずに済む夜の眠りを呼ばむホットミルクで

200127w

今夜は都内、とくに多摩西部では雪が激しくなっているようだが、つくば周辺はまたしても辛うじて雪にはならずに済みそうだ。

とはいえ、結構冷えるので、ホットミルクを飲んで寝ることにする。牛乳は温めると甘みが増す。これについては、Today's Crack の方で書いたことがある。(参照: ホットミルクはなぜ甘いのか

 

| | コメント (0)

2020/01/26

板東の高速道を覆ふ空灰色にして日を通さざり

200126w

今日は水戸近辺までクルマで出かけた。空は雲に覆われていたが、雪が降らなかったのはありがたかった。写真は常磐道の千代田パーキングエリア。

 

| | コメント (0)

2020/01/25

週末は雪にはならぬ予報なり堰の水門全開の川

200125w

昨日は妙に暖かかったが、今日は一応冬らしい寒さが戻っている。小貝川の水量が減って、近所の岡堰は水門が全開だ。

 

| | コメント (0)

2020/01/24

つい先に青信号を望めども三回待ちの列は動かず

200124w

日がとっぷりと暮れてからクルマで家路を辿る時、つくば市内がいつにない渋滞で、信号が三回待ちになったりしていた。先の方に見える信号が「青」なのに、一向に進まないというのは、ちょっとしたストレスだった。

 

| | コメント (0)

2020/01/23

午後六時過ぎたる道に残りたる光いよいよ雪を呼ぶらし

200123w

夜明けは相変わらず遅いが、夕方の日はだいぶ伸びた気がする。今日も 6時過ぎに帰宅したのだが、外はまだぼんやりと明るかった。だが、週末には雪になる可能性があるというので、油断がならない。

 

| | コメント (0)

2020/01/22

月末に降るか降らぬか知れぬ雪に備えてスタッドレスに換えたり

200122w

雪に備えて、クルマのタイヤをスタッドレスタイヤに換えた。タイヤだけが妙に新品ぽくキラキラしている。

 

| | コメント (0)

2020/01/21

吹き渡る風に雲湧くこともならず日暮れの地平紅く染まりぬ

200121w

今日は朝から空が晴れ渡っていたが、風が強すぎて雲の湧く隙がなく、日暮れになっても空は晴れ渡ったままだった。西の地平が紅く染まっている。

 

| | コメント (0)

2020/01/20

青空を映せる海の横須賀といふ非日常眺め帰りぬ

200120w

今日は横須賀に日帰り出張した。横須賀というのは中途半端に遠くて、新幹線で京都い行く方がずっと楽だと思った。

ただ、自衛艦を眺めて、ちょっとした非日常を感じる旅ではあった。

 

| | コメント (0)

2020/01/19

粉雪の舞ひいたれどもこの度はつくばの里に積もらざりけり

200119w

今日は下手すると雪が積もるかと思っていたが、伊豆方面への出張から帰ってみると路面が乾いていたので安心した。とはいえ、周囲の景色は寒々しい。

 

| | コメント (0)

2020/01/18

高層のホテルの部屋の窓辺より眺むる夜は冷え込みてあり

200118w_20200119014001

今日は伊豆方面に出張し、集電に間に合わず、帰り切れずに千葉県内に泊まっている。明日は冷え込みそうだ。

| | コメント (0)

2020/01/17

この春に廃校となる小学校を望めど生徒の姿見えざり

200117w

遠くに小学校の校舎が見える。この小学校は各学年の生徒が 20人ぐらいしかいないらしく。この 3月で廃校になる。

このあたりは年寄りだらけで子どもがいなくなってしまった。

 

| | コメント (0)

2020/01/16

今すぐに家に戻りて洗濯をしたくなるほど青き空なり

200116w

また青空と暖かさが戻った。カーラジオを聞いていると、パーソナリティが「今朝は洗濯できなかったから、すぐにでも家に帰って洗濯したい!」と言うほどだった。写真は陽光にきらめく小貝川。

 

| | コメント (0)

2020/01/15

黒雲の夕べとなりて広がれり天気予報の難しき日々

200115w

Today's Crack にも書いたように、今日は次女の引っ越しの手伝いをして夕方に帰ってきた。近頃は夕方 4時を過ぎてもまだ明るさが十分に残っている。

ただ、天気予報では今日の午後からは晴れるなんて言っていたが、青空が見えたのはほんの 1〜2時間で、帰ってみるとまたしても黒い雲が広がっていた。このところ、天気予報の難しい状況が続いているようである。

| | コメント (0)

2020/01/14

「ゆうぱっく」てふものの不在配達の要領を得ぬ電話応答

200114w 

「ゆうパック」の不在配達票というのが郵便受けに入っていたので、そこに記された問い合わせ用の番号に電話してみると、自動応答に切り替わり、「20秒ごとに 10円」の料金が発生するという割には、まるで要領を得ない。「追跡番号を入力してください」というので何度入力しても、「その番号は見当たらない」という。

貯まりかねて郵便局に直接電話して、ようやく明日再配達ということになった。

こういうことは、クロネコヤマトや佐川急便の方がずっとマシのようだ。

| | コメント (0)

2020/01/13

窓を開け満天の星眺むれど冷たき風の吹き込まぬ夜

200113w

"Today's Crack" の方にも書いたが、妙に生暖かい日で、日が暮れて窓を開け放しても冷たい風が入り込まない。満天の星が綺麗である。

 

| | コメント (0)

2020/01/12

灰色の空の彼方に荒涼といふ二文字の見ゆる如き日

200112w

寒々しい日だ。昼過ぎには一時的に冷たい雨まで降り、「荒涼」という二文字が脳裏に浮かぶ景色となった。

 

| | コメント (0)

2020/01/11

日の伸びて後に来るらむ本当の冬の寒さを思ふ頃なり

200111w

日の暮れるのがかなり遅くなって、5時頃になってもまだ薄明かるい。ただ、日は長くなっても本格的な寒さはこれからだ。

 

| | コメント (0)

2020/01/10

富士山の南東側に湧く雲も関東までは届かざりけり

200110w 

上の写真は、大阪出張からの帰りに、新幹線で富士市付近を通過した際に撮ったものだ。下を流れる川は、その名も「富士川」。

富士山を境に、南東側に雲が湧いているが、関東に戻ってみると快晴だった。

| | コメント (0)

2020/01/09

出張で泊まるホテルの狭き部屋ベッドを挙げて机に向かふ

200109w

大阪に出張している。今ホテルに入ったばかりだが。部屋がメチャクチャ狭い。

部屋に入った時は、デスクの前がベッドで塞がれた状態で、「これでどうしてデスクに向かうんだ?」と驚いてしまったが、スイッチを入れるとベッドがスーッと上に上がってデスクの椅子が引き出せた。写真では左上に、上に挙げられた状態のベッドが写っている。

寝るときにはこれをまた下にさげて寝なければならない。つまり、「昇降式ベッド」というわけだ。なるほど、宿泊代が安いわけである。

 

| | コメント (0)

2020/01/08

寒きまま日暮れとなれば彼方なるヘッドライトの霧にぞ滲む

200118w

昨日から冷たい雨が降り続き、午後からは四月頃の気温になるとの予報だったが、見事に外れ、寒いままで日が暮れた。最近の天気予報はよく当たるが、こういうこともある。

日が暮れてからは霧が濃くなっている。

 

| | コメント (0)

2020/01/07

剥き出しの川底見せて正月の小貝の川は静かなりけり

200107w

雨の降り出す前に、小貝川の土手を通って用足しに言った。冬枯れで夏は川底になっている部分も剥き出しになっている。

 

| | コメント (0)

2020/01/06

雲の色次第に黒く変はり来て明日は冷たき雨の降るとふ

200106w

大晦日からいい天気が続いているが、それは今日までで、明日は曇りから雨に変わるという。それに伴って気温もかなり下がるらしい。寒さに負けないように準備しよう。

 

| | コメント (0)

2020/01/05

境内の屋台も店を仕舞ひつつあるを眺めてせる初詣

200105w

板橋不動というところに初詣に行った。正月三が日はごった返すし、昨日の 4日はいろいろ用があって行けなかったのである。

松の内といえど、さすがに 5日の夕方ともなると、人は減る。境内の屋台もポツポツと店仕舞いを始めていて、「祭の終わり」を思わせる淋しさを漂わせている。世の流れを感じさせる。

 

| | コメント (0)

2020/01/04

正月の刈田の彼方筑波嶺は背に薄き雲従へて立つ

200104w

今日もいい天気に恵まれた。田んぼの中の道から、真っ正面に筑波山が見える。

| | コメント (0)

2020/01/03

雲一つなき空の下静かなる国道正月三日目の朝

200103w

正月三日目の朝。街はまだまだ空いている。

 

| | コメント (0)

2020/01/02

駅伝の往路をテレビ観戦し琥珀色した屠蘇を飲みたり

200102w

箱根駅伝の往路をテレビで見てから、某神社で頂いてきた「お屠蘇」というティーバッグのようなものをお酒に浸してできあがったお屠蘇を飲んだ。なかなかオツな味わいである。

 

| | コメント (0)

2020/01/01

衝突もやがて融合するさだめマウスてふ名の銀河は語る

200101

恒例の新年の年賀状です。今年もよろしく。

| | コメント (0)

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »