« 正月の刈田の彼方筑波嶺は背に薄き雲従へて立つ | トップページ | 雲の色次第に黒く変はり来て明日は冷たき雨の降るとふ »

2020年1月 5日

境内の屋台も店を仕舞ひつつあるを眺めてせる初詣

200105w

板橋不動というところに初詣に行った。正月三が日はごった返すし、昨日の 4日はいろいろ用があって行けなかったのである。

松の内といえど、さすがに 5日の夕方ともなると、人は減る。境内の屋台もポツポツと店仕舞いを始めていて、「祭の終わり」を思わせる淋しさを漂わせている。世の流れを感じさせる。

 

|

« 正月の刈田の彼方筑波嶺は背に薄き雲従へて立つ | トップページ | 雲の色次第に黒く変はり来て明日は冷たき雨の降るとふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 正月の刈田の彼方筑波嶺は背に薄き雲従へて立つ | トップページ | 雲の色次第に黒く変はり来て明日は冷たき雨の降るとふ »