« 筑波嶺の直下のどこで鳴くものか鶯の声響く春の日 | トップページ | 空青く桜咲きたる板東の寒の戻りの何度目なるか »

2020年3月23日

見渡せば思ひのほかに頻繁に鯉の跳ねゐる春の小川よ

200323w

裏の小川で、頻繁に鯉が跳ねるようになった。水面を飛ぶ虫が増えたので、それを捕らえて食うためだと思う。土手を散歩していると「パシャリ!」と音がするので振り向くと、既に虫を捕らえて水中に戻っていて、波紋だけが広がっている。

上の写真では、背びれを水面より上に出した状態で泳ぎ続けている。

 

|

« 筑波嶺の直下のどこで鳴くものか鶯の声響く春の日 | トップページ | 空青く桜咲きたる板東の寒の戻りの何度目なるか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 筑波嶺の直下のどこで鳴くものか鶯の声響く春の日 | トップページ | 空青く桜咲きたる板東の寒の戻りの何度目なるか »