« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020/07/31

鬱蒼と繁れる葦の払はれて鬼百合の花現れ来たり

200731_20200731161001

雑草が生え放題になっていた川土手に、今日は重機が入って、かなり大規模な草刈りが行われた。これで多少はジャングル状態が解消した。

雑草が刈り払われると、オニユリの花が現れた。これまでは鬱蒼とした葦に隠されて全然見えなかったものだ。

 

| | コメント (0)

2020/07/30

梅雨明けを前に日暮れの少しずつ早くなりつつあると知りたり

200730_20200730220801

梅雨明けの前に、日没が少しずつ早くなっているのがわかる。今日こそは降らずに済むかと思っていたが、結局のところはしっかりと降る時間があって、梅雨明けはまだ先のようだ。

おまけに地震警報のカラ振りまであったし。

 

| | コメント (0)

2020/07/29

梅雨開けずピンクと白の木槿のみ数を増し行く七月下旬

200729_20200729205401

今日は昨日までとは打って変わって、肌寒ささえ感じるほどの一日。ただ、天気だけはすっきりしない。ピンクと白のムクゲの花が、曇り空の下で数を増している。

 

| | コメント (0)

2020/07/28

対岸の奥に霞むは廃校になりて久しき小学校よ

200728

今日もまた降ったり止んだりの天気。川向こうの廃校になった小学校が霞んで見える。

 

| | コメント (0)

2020/07/27

パンを焼くオーブンレンジの熱受けて体の奥の汗絞りたり

200727

今日は恒例の自家製パンを焼く日だったが、何しろこの暑さと湿度の上にオーブンレンジを盛大に使ってしまったので、家中がものすごい暑さになった。

心ならずもエアコンをフル稼働させないと、体中の汗が止まらない状態になってしまった。裏の土手も、ご覧の通りジャングルに近い状態である。

 

| | コメント (0)

2020/07/26

明けてより晴れては曇りまたさらに土砂降りとなる誕生日なり

200726_20200726231601

今日は誕生日。朝から晴れては曇り、また土砂降りにもなる変化の激しい一日だった。

誕生日になっても梅雨が明けない年はこれまでもそれほど多くない。長梅雨である。

 

| | コメント (0)

2020/07/25

土砂降りの雨は上がれど水に浸る玄関先に映る景色よ

200725_20200725202301
Today's Crack の方にも書いたが、今日は断続的に土砂降りの一日だった。我が家の玄関先の道路もご覧のようにすっかり水に浸かってしまい、向かいの家が映り込んでいる。

 

| | コメント (0)

2020/07/24

土手沿いの道埋め尽くす草叢の高さと密度この夏の様

200724w

我が家の裏手の土手を歩くと、去年までとは少し違う様相であることに、嫌でも気付く。草の丈と密度がものすごい。

このまるでジャングルのようなありさまは、この夏の初め頃の暑さと、梅雨に入ってからの雨の多さ故だろう。温暖化は確実に進んでいる。

 

| | コメント (0)

2020/07/23

大雨をどっと降らせる黒雲の彼方より来て彼方にぞ去る

200723w

今日もまた、昨日や一昨日と似たようなお天気の推移。どっと降ってはすっと止み、次はシトシト降りになり、また思い出したようにどっと降る。

一時的にどっと降らせる雲は案外小さく、あっという間に遠ざかる。遠ざかった先でどっと降らせているのだろう。

 

| | コメント (0)

2020/07/22

文字通りバケツをひつくり返したる如き土砂降り遠ざかりゐる

200722w

今日の天気予報では朝から夕方まで「ところによりバケツをひっくり返したような雨が降る」という表現が繰り返し聞かれた。

そしてまさにその「バケツをひっくり返したような雨」が、当地にも昼過ぎに降ったのである。ちょうどクルマで出かけようとした時に、我が家の前の道が川のようになり、玄関から出てクルマに乗るまでにびしょ濡れになった。

そしてその雨も短時間に上がり、川のようになっていた道もあっという間に乾いたのだった。その雨を降らせた入道雲が去りつつあるところを写真に収めることができた。

 

| | コメント (0)

2020/07/21

蒸し暑き夏の京都の洗礼をまたこの年も受けて戻りぬ

200721w 

今日の和歌ログも「本日付の Today's Crack に書いたように」で始めることになるが、京都に寄り道して帰ってきた。朝の 9時前に着いた時にはもうかなりの暑さで、「またしても京都で汗だくになるのか」と思ってしまった。

死ぬまでにまだ何度でも、京都の暑さの洗礼を受けそうだ。

 

| | コメント (0)

2020/07/20

加古川の駅前の道賑やかに家路を辿る女子高生たち

200720w

本日付の Today's Crack に書いたように(参照)、加古川という街は美人が多い。女子高生たちにしても同様で、賑やかに夕方の駅前の家路を辿る。

 

| | コメント (0)

2020/07/19

雲といふもので隠るることのなき空を映せる水の青さよ

200719w

空は午後から真っ青に変わり、気温も急に高くなった。明日の出張先の兵庫県もなんとか大丈夫そうである。

 

| | コメント (0)

2020/07/18

梅雨空の下の川面に水紋の大きく小さく広がりて消ゆ

200718w

今日も雨が降ったり止んだりの梅雨空。川面に雨粒の水紋が広がる。

 

| | コメント (0)

2020/07/17

夜露なるかまた朝露か雨粒か葉で震えゐる大小の玉

200717_20200717212701

昨日までは天気に恵まれたが、今日は夜が明ける前から雨に逆戻り。

夜露なのか、朝露なのか、はたまた雨粒なのか、土手の雑草に大から極小の無数の水滴が光っている。

 

| | コメント (0)

2020/07/16

駿河なる高速道の事故を超え日のあるうちに辿り着きたり

200716w

本日付の Today's Crack に書いたように、静岡からの帰路は東名高速道路の事故で予想外の時間がかかってしまったが、上の写真の通り、まだ日のあるうちに帰り着けたのは幸いだった。

 

| | コメント (0)

2020/07/15

遠州に向かふ旅路の雲晴れて眩しきほどの日の差しきたり

200715_20200715213501 

本日付の Today's Crack にも書いたように、3ヶ月半ぶりの旅に出ている。予報では午後は雨になるとのことだったが、そうはならず、夕方に近くなるほど青空が広がった。

上の写真は山梨から東名高速に向かう途中のドライブインで撮ったもの。既に空を見上げると眩しいほどだった。自分の晴れ男ぶりが我ながら頼もしい。

 

| | コメント (0)

2020/07/14

水嵩の少しく下がり波立たぬ水面に映る草の緑よ

200714_20200714161701

相変わらず雨は降ったり止んだりしているが、川の水面はだんだん下がってきた。波も静かになっている。

明日は久しぶりで出張にでかける。天気は少しだけ落ち着くらしい。ありがたいことである。

| | コメント (0)

2020/07/13

我が庭で白く小さく咲く花の蜜を吸ひゐるツマグロヒョウモン

200713_20200713213101

庭のハーブの茂みに、ツマグロヒョウモンが飛んできて、小さな花の蜜を吸っている。

 

| | コメント (0)

2020/07/12

かくまでに入道雲の湧き上がる空をこの夏初めて望む

200712

今日は思いのほか晴れて、昼過ぎにはこの夏一番の入道雲が望まれた。

 

| | コメント (0)

2020/07/11

日の暮れて夜空の奥に透き通る青空らしき色合ひの見ゆ

200711w

今日は美しい夜明けで、久しぶりに綺麗な朝日が拝めたと思っていたが、そうこうするうちに雨模様が戻り、そして止みを繰り返していた。そして日が暮れてからようやく安定している。

週明けもまた雨模様が続きそうで、私の久しぶりの出張となる水曜、木曜はどうなるかなあ。自分の晴れ男ぶりに期待しておこう。

 

 

| | コメント (0)

2020/07/10

久方の光の空を吾よりも喜びゐるか白き木槿よ

200710w

午後にほんの 2〜3時間だが、青空が広がった。ムクゲの花が喜んでいる。

 

| | コメント (0)

2020/07/09

夜も更けて雨の弱まる川上の雲の切れ間の青き光よ

200709w

昨日はせっかく晴れたのに、今日はまた降ったり止んだりの天気。

夜が更けてから川の写真を撮ったところ、川上方面の雲の薄くなったあたりが神秘的なほど青い光だった。

 

| | コメント (0)

2020/07/08

陽光と青空てふはかくまでに嬉しきものと今日は知りたり

200708_20200709012201

本当に久しぶりの青空と太陽が拝めた。

 

| | コメント (0)

2020/07/07

今日もまた塊と化す葦の葉のなびけるそばに波走る川

200707w

今日も風が強い。裏の川の水面は常に波立って、川原の葦も大きくなびいている。

 

| | コメント (0)

2020/07/06

川土手の流れに沿ひて茂りたる篠竹に隠れ葦切は鳴く

200706_20200706204801

我が家の裏手の川土手の内側(つまり流れの側)の篠竹が年々成長して、この夏は結構大きくなってしまった。この篠竹の向こう側から、ヨシキリの賑やかな鳴き声が聞こえる。この分では、我が家の一階からは川の景色が見えなくなるかもしれない。

自然界というのは、長い間にはずいぶん見た目が変わってしまうということだ。

 

| | コメント (0)

2020/07/05

熊本の雨を知らずに静かなる川面を滑る如く行く鴨

200705

裏の川を、鴨が静かに泳いでいた。九州の川もこのくらい静かならいいのに。

 

| | コメント (0)

2020/07/04

広き野の緑に染まる彼方には霞ヶ浦の水ぞ光れる

200704_20200704212001

今日の写真は、茨城県笠間市内にある愛宕山という山の山頂付近から眺めた関東平野。ほぼ真ん中の地平線付近に霞ヶ浦が光っているのが見える。

これだけ広くて平らな平野が緑に覆われているというのは、茨城県ならではの風景だ。

 

| | コメント (0)

2020/07/03

強風になぎ倒されて昼過ぎも寝たるままなり川土手の葦

200703w

今日はそれほどの強風ではなかったが、裏の川土手の葦は、昨日の強風ですっかりなぎ倒されてしまっている。元のように起き上がるまではしばらくかかりそうだ。

 

| | コメント (0)

2020/07/02

梅雨明くる前の日暮れの人心地十・八てふ月齢の空

200702w

今日はこの辺りも真夏日になったようで、日中は汗が滴り落ちたが、さすがに梅雨明け前のこととて、日暮れになると涼しい風に変わった。

月齢 10.8 という月が出ている。

 

| | コメント (0)

2020/07/01

大風は葦なぎ倒しぐいぐいと夏の気配を押しつけてくる

200701w

今日の日中は、雨はそれほどでもなかったが、まるで台風のような強風が吹き荒れた。日が暮れてだいぶ収まったが、それでも窓を開けるとカーテンが大きくなびく。

上の写真を見ても、川面は波立ち、岸の葦の葉が風のために横倒しになるほどなびいているのがわかる。明日も強風は続くらしいから気を付けよう。

 

| | コメント (0)

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »