« 加古川の駅前の道賑やかに家路を辿る女子高生たち | トップページ | 文字通りバケツをひつくり返したる如き土砂降り遠ざかりゐる »

2020年7月21日

蒸し暑き夏の京都の洗礼をまたこの年も受けて戻りぬ

200721w 

今日の和歌ログも「本日付の Today's Crack に書いたように」で始めることになるが、京都に寄り道して帰ってきた。朝の 9時前に着いた時にはもうかなりの暑さで、「またしても京都で汗だくになるのか」と思ってしまった。

死ぬまでにまだ何度でも、京都の暑さの洗礼を受けそうだ。

 

|

« 加古川の駅前の道賑やかに家路を辿る女子高生たち | トップページ | 文字通りバケツをひつくり返したる如き土砂降り遠ざかりゐる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 加古川の駅前の道賑やかに家路を辿る女子高生たち | トップページ | 文字通りバケツをひつくり返したる如き土砂降り遠ざかりゐる »