« 駐車場で深まる秋を思はする冷たき雨と早き日暮れと | トップページ | 台風の去りて夜空に薄らと雲の切れ間の如き色見ゆ »

2020年10月10日

鳥たちよ紫式部の光る実の時移るまでな啄みそ

201010_20201010232901

今年も近所の藪の端に「ムラサキシキブ」の実がなっている。「ムラサキシキブの花」というのはどんなのだか知らない。きっと意識しないうちに散ってしまうような目立たない花なのだろうが、実はとても美しくて目立つ。それ以上に、名前が美しい。

 

|

« 駐車場で深まる秋を思はする冷たき雨と早き日暮れと | トップページ | 台風の去りて夜空に薄らと雲の切れ間の如き色見ゆ »

コメント

実は
私めは、短歌の勉強をしたことは
ありませんし、興味も強くは持っておりません。が、
この歌はすごくいいと思います。
こんなおいしそうな実を見れば
鳥たちに
このように言ってやりたい気がします。

投稿: tokiko | 2020年10月11日 18時02分

tokiko さん:

「しばらくついばむな」と言っているのですから、鳥たちからは「意地悪」と思われるかもしれません ^^;)

投稿: tak | 2020年10月13日 20時53分

だはは・・・涙

投稿: tokiko | 2020年10月14日 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 駐車場で深まる秋を思はする冷たき雨と早き日暮れと | トップページ | 台風の去りて夜空に薄らと雲の切れ間の如き色見ゆ »