« 青空に二本の縞を刻むごと長く連なる雲は動かず | トップページ | 夕刻の四時を過ぎても太陽は地平線には触れずありたり »

2020年10月25日

秋空に腫れ上がりたるたんこぶの如き形の山の姿よ

201025_20201025205101

筑波山の南東側の田舎道をクルマで辿っていると、面白い形の山があるのに気付いた。上の写真の真ん中近く(手前の稜線の右端)のたんこぶのような突起である。

これが荒涼とした土色だったら、西部劇に出てきそうな形で、そんなに高いこぶではないが、登るには息が切れそうだ。

 

|

« 青空に二本の縞を刻むごと長く連なる雲は動かず | トップページ | 夕刻の四時を過ぎても太陽は地平線には触れずありたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空に二本の縞を刻むごと長く連なる雲は動かず | トップページ | 夕刻の四時を過ぎても太陽は地平線には触れずありたり »