« くつきりと晴れ渡りたる夜空には真の名月浮かびゐるなり | トップページ | 吹く風の生暖かき夕刻は彼岸過ぎたる日本列島 »

2020年10月 3日

川岸で鉄砲ならぬ iPhone を向けし瞬間鵜は逃げ去りき

201003

近所を流れる小貝川。夏を過ぎて水量が減り、随所に中州が現れ。鷺、鵜、鴨などが、冬を越すためにどんどん戻ってきている。

写真で今飛び立とうとして羽ばたいているのは、鵜。白鷺や鴨は、カメラを向けても全然動じないが、鵜とアオサギは気配を敏感に察知して飛び去る。鉄砲でも構えられたと思うのかもしれない。

今回も 6〜7羽の鵜が羽を休めていたのだが、カメラを向けた瞬間に一斉に飛び去った。辛うじて写っているのは、最後に飛び立とうとしている 2羽である。

 

|

« くつきりと晴れ渡りたる夜空には真の名月浮かびゐるなり | トップページ | 吹く風の生暖かき夕刻は彼岸過ぎたる日本列島 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« くつきりと晴れ渡りたる夜空には真の名月浮かびゐるなり | トップページ | 吹く風の生暖かき夕刻は彼岸過ぎたる日本列島 »