« 雲間よりわずかに漏るる月光の満月となる明日を待たなむ | トップページ | 見上ぐれば十六夜月の輪郭のけざやかなりき漆黒の空 »

2020年11月30日

満月を囲める雲の小さきの照らされてあり明日より師走

201130_20201130195201

一昨日の十三夜から月の写真を撮っていたので、今日の満月は是非同じアングルで収めたいと思っていたのだが、少しだけ帰宅が遅れてしまい、満月がかなり高いところまで昇ってしまっていた。

もう少し早い時間帯だったら、月の光が川面に映っているのを撮れたのに。そして薄らとした月食も撮れたのにと思うと、ちょっと残念。

しかし、満月の周りの小さな雲が光を反射する様が撮れたので、これで満足しておこう。

 

|

« 雲間よりわずかに漏るる月光の満月となる明日を待たなむ | トップページ | 見上ぐれば十六夜月の輪郭のけざやかなりき漆黒の空 »

コメント

すごいなあああ~~~

投稿: tokiko | 2020年12月 6日 10時52分

tokiko さん:

こういう表情の月って、めずらしいですよね。

投稿: tak | 2020年12月 9日 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲間よりわずかに漏るる月光の満月となる明日を待たなむ | トップページ | 見上ぐれば十六夜月の輪郭のけざやかなりき漆黒の空 »