« 穏やかに晴れたる夕べ筑波嶺の方角に戻る車の列よ | トップページ | 日を追ひて朝日の位置の北寄りに移りて春の気配強まる »

2021年2月17日

青空はたちまちのうちにかき曇り分厚く黒き雲ぞ覆へる

210217w 

朝の天気予報で「昼間では穏やかな青空でも、昼過ぎから黒雲が空を覆い、冷たい風が吹き始めます」と言っていたが、まさにその通り、午後 3時半頃には驚くほどの分厚い黒雲が立ち籠めた。

西の地平に沿って、微かに昼間での青空の名残が見える。

 

|

« 穏やかに晴れたる夕べ筑波嶺の方角に戻る車の列よ | トップページ | 日を追ひて朝日の位置の北寄りに移りて春の気配強まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 穏やかに晴れたる夕べ筑波嶺の方角に戻る車の列よ | トップページ | 日を追ひて朝日の位置の北寄りに移りて春の気配強まる »