« 陽は落ちて向かふ岸なる県道をテールランプの赤く去り行く | トップページ | 十五夜の月も真ん丸にはあらず細かき変化輪郭にあり »

2021年2月26日

膨らめる梅の蕾の割れ目より薄桃色の花びらの見ゆ

210226w

4日前ぐらいまで暖かい春の陽気が続いて、さしもの遅咲きの我が家の梅も蕾が膨らんできたと思っていたのだが、この 3日間は急に北風に変わって足踏みが続いていた。

ところが今日は少しは蕾の先が割れてきて、ピンクの花びらが覗いている。蕾のうちはこんなにピンクなのに、咲いてしまうと白梅になってしまう。不思議なものだ。

 

|

« 陽は落ちて向かふ岸なる県道をテールランプの赤く去り行く | トップページ | 十五夜の月も真ん丸にはあらず細かき変化輪郭にあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陽は落ちて向かふ岸なる県道をテールランプの赤く去り行く | トップページ | 十五夜の月も真ん丸にはあらず細かき変化輪郭にあり »