« 幾日か初夏思はする日のあれど田植えは先のことのやうなり | トップページ | 旧暦の弥生は未だ先なるに初夏の如くに夕べは来たる »

2021年3月31日

緑増す土手腹に黄の差し色として一群れの菜の花は咲く

210331w

急に暖かくなり、木の花、土手の草花、虫、鳥の鳴き声が、一挙に多様性を増した。

我が家の周辺では菜の花はそれほど多くないのだが、それでも土手に黄色の差し色が少しずつ増してきている。

|

« 幾日か初夏思はする日のあれど田植えは先のことのやうなり | トップページ | 旧暦の弥生は未だ先なるに初夏の如くに夕べは来たる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 幾日か初夏思はする日のあれど田植えは先のことのやうなり | トップページ | 旧暦の弥生は未だ先なるに初夏の如くに夕べは来たる »