« 陽は沈む西の地平に細く添ふ雲の隙間を紅く染めつつ | トップページ | 小貝川秋の水面は細くして映れる空も狭くなりたり »

2021年10月20日

寒き朝風の彼方に富士の嶺の小さく白き頭のみ見ゆ

211020w 

朝早くから車ででかけるところがあり、カーラジオを聞いていたら「東京から雪化粧した富士山がきれいに見える」とのことだった。

自分でも見たくなって、小貝川の土手沿いで見晴らしのいい道を走ったところ、向こう岸の林越しに富士山の頭だけがわずかに見えた。なるほど、雪化粧している。

今日は昨日までの雨による湿気が去り、風も強かったので空気がきれいに澄み渡ったのだろう。まだ 10月だというのに、感覚としては冬晴れの日のようだった。

 

|

« 陽は沈む西の地平に細く添ふ雲の隙間を紅く染めつつ | トップページ | 小貝川秋の水面は細くして映れる空も狭くなりたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 陽は沈む西の地平に細く添ふ雲の隙間を紅く染めつつ | トップページ | 小貝川秋の水面は細くして映れる空も狭くなりたり »