« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »

2021年11月30日

日没を過ぎて半時経つ空に残れる青み深くなりゆく

211130w

日没を過ぎても、空は不思議に青みを残している。その青みがだんだんと深くなって、暗い夜空に変わる。

| | コメント (0)

2021年11月29日

パソコンの画面よりらふと目を離し既に日暮れし世界に気付く

211129

月末にいろいろな仕事の締め切りが集中するので、夢中で PC のキーを叩いているうちに、あっという間に日が暮れてしまっている。

川向こうの県道を、帰宅のクルマが次々に通り過ぎていく。

| | コメント (0)

2021年11月28日

屋根の影挟みて土手に白鷺と青鷺の二羽陽を浴びてゐる

211128w

小さくてわかりにくい写真だが、土手に映る屋根の影を挟んで、左側にシラサギ、右側にアオサギが日を浴びている。

アオサギは普段かなり慎重で、カメラを向けただけで飛び去ってしまうのだが、今日は日向ぼっこがよほど気持ちいいらしく、少しも動じなかった。

いよいよ関東の冬である。

 

| | コメント (0)

2021年11月27日

ハンドルを左に切れば右側に眩しき夕陽移りたるなり

211127w

朝からクルマで出かけ、夕方に戻ってきた。

途中、西の方角に走る時は、サングラスをしても沈む夕陽が眩しくて大変だったが、南方向に向きを変えてからは右側から照らされるようになって楽になった。

写真は赤信号で停まっている時にさっと写したもの。太陽がずいぶん大きく見える。

 

| | コメント (0)

2021年11月26日

この歳もまた今日といふ一日も追ひ付くこともならず過ぎ行く

211126w

いろいろ所用に終われているうちに、あっという間に日が暮れてしまった。

思えば今年もあと 1ヶ月と 5日しか残っていないが、この時期に時の経つのが早く感じてしまうのは、日の暮れるのが早いということとも関係があるんじゃなかろうか。

1日も 1年も、本当にあっという間に過ぎてしまう。

 

| | コメント (0)

2021年11月25日

田の道で自転車を漕ぐ西空に冬の日ははや傾きてあり

211125w

あまり天気がいいので、クルマではなく自転車であちこちの用足しに廻って、30km ぐらい走った。帰路についたのは午後 4時前だが、既に日はかなり傾いていた。

どんなにペダルを漕いでもほとんど汗をかかない。もう冬である。

 

| | コメント (0)

2021年11月24日

対岸の夕日を受くる県道で家路を急ぐ自動車の列

211124w

今朝は今期一番の冷え込みとなった。夜明け前に起き出して、掛け布団を一枚余計にかけたほどだ。

日中は日が射して暖かくなったが、夜明から明朝にかけてはまた冷え込むだろう。ようやく冬になったようだ。

川向こうの県道を、早くもヘッドライトを点けた車が次々に通り過ぎていく。家路を急ぎたくなる季節だ。

 

| | コメント (0)

2021年11月23日

夕暮れの飛龍の如き黒雲に大気は渦とまさしく知りぬ

2111232w

写真は、今日の日暮れ時に見えた空の様子。太くつながった黒雲が、まるで龍が飛翔するように伸びていた。

大気は渦であると、嫌でもわかる。

 

| | コメント (0)

2021年11月22日

夕闇の雨の波紋の川沿ひに冬の寒さは流れ来るらむ

211122w

ずっと雨が降ったりやんだりの天気だったが、日が暮れる頃から雨粒が大きくなった。川面に無数の波紋が広がっている。

とくに「冷たい雨」というわけではないが、「寒冷前線通過後は、北日本で雪」という予報なので、明日あたりはもっと冷え込むかもしれない。そろそろ冬支度だ。

 

| | コメント (0)

2021年11月21日

日暮れたる道路は冬の雨に濡れ白く長きに街灯を映す

211121w

日が暮れてから雨が降り始めた。路面が濡れて街灯を反射する光景を、久しぶりに見た気がする。

天気予報は明、日から冬の様相になるといっている

 

| | コメント (0)

2021年11月20日

月食の一夜明くれば雲一つなき空のあしたなりけり

211120w

月食の用朝は雲一つない空で、日の暮れるまでそうした感じだった。

 

| | コメント (0)

2021年11月19日

ひむがしの空に浮かべる満月のただゆつくりと欠けて行くなり

211119w

久しぶりで月食の写真が撮れた。撮れたといっても、スマホで撮っただけなのでちゃっちいものでしかないが、上の写真をクリックして拡大すると、少しは月食らしい姿となる。

 

| | コメント (0)

2021年11月18日

青空に刷毛を滑らせ描きたる等圧線のごとき白雲

211118w

裏の河原を散歩していて、刷毛で描いたような白い雲の列に気付いた。あの列にそって、微妙に気圧が違っているのだろう。

空に描いた等圧線みたいなものかもしれない。

 

| | コメント (0)

2021年11月17日

日は暮れて対岸の道を次々にヘッドライトが通り過ぎ行く

211117w

本当に日が短くなって、午後 6時を過ぎるとほとんど夜になってしまう。川の向こうの県道を、帰宅の車のヘッドライトが次々に通り過ぎていく。

 

| | コメント (0)

2021年11月16日

牛久なる沼のほとりの渋滞は残り一月半の晩秋

211116w

牛久方面からクルマで帰る途中、牛久沼の端を渡る橋の手前でちょっとした渋滞になった。

手持ち無沙汰で橋の手すりの向こうに広がる沼の写真を撮った。晩秋の夕暮れである。今年もあと 1か月半ということがひしひしと感じられた。

 

| | コメント (0)

2021年11月15日

夕焼けの中に佇む富士の峰の富士山らしき影を望みき

211115w

今日はつくば市の中心方面から車で帰る途中、ちょっとした高台から夕焼けの中に佇む富士山が見えた。

さすがに高台から見ると、 頭の先っぽだけでなく、少しは富士山らしい形に見える。

 

| | コメント (0)

2021年11月14日

白鷺といふ鳥のただ何気なく佇む川を見るぞ嬉しき

211114w

我が家の裏手を流れる川を見ると、大抵はシラサギがいる。時にはアオサギも来ているが、とても用心深くて写真を撮ろうとするだけですぐに気配を察して飛び去ってしまう。それで、かなり呑気なシラサギの写真ばかり多くなってしまう。

今日は天気がよく、風もほとんどなかったので、水面に映る姿もきれいに撮れた。

考えてみると、いつでもシラサギの姿が見られるというのは、かなり幸せなことなのかも知れない。都会では考えも付かないだろう。

 

| | コメント (0)

2021年11月13日

嘴を素早く水に突き入れて白鷺は魚を啄みて呑む

211113w

裏の川で白鷺が小魚を漁っていた。素早く水中にくちばしを突っ込むと、次の瞬間には上を向いて魚が首の中の食道を下に下っていく。

 

| | コメント (0)

2021年11月12日

PC の画面を離れ見上ぐれば空には既に半月光る

211112w

だいぶ日が短くなった。PC に向かって仕事をしながら、ふと気がつくと外がすっかり暗くなっている。

既に高いところで月が光っていて、月齢を調べてみると、7.2 となっている。つまり「半月」ということになるはずなのだが、見た目はそれより少し膨らんでいる。このあたりの理窟はよくわからない。一週間後に「望月」となるようだ。

 

| | コメント (0)

2021年11月11日

三日間不在のうちに薄の穂垂れ下がりたる姿となりぬ

Img_1599

二泊三日の不在のうちに、裏の土手のススキの穂もだんだんと垂れ下がり始めたようだ。

いよいよ秋が深まる。冬の様相が本格的になるのはいつ頃からだろう。

 

| | コメント (0)

2021年11月10日

明日よりは田舎暮らしに戻らむと駅前ビルのネオンを仰ぐ

Img_1596

二泊三日の関西への旅を終え、午後 7時頃に常磐線取手駅まで戻ってきた。駅周辺だけは都会的な夜景だが、ちょっと離れるともろにひなびた地方都市になる。

ただ、コロナ禍以来ずっと我が家周辺の田舎の景色ばかり続いていたので、今日は見た目だけでも華やかな写真にしてみた。

明日からはまた田舎の暮らしに戻る。

 

| | コメント (0)

2021年11月 9日

石塔の上に散りたるもみぢ葉の呼ぶ声を聞きシャッターを切る

Img_1554

今日は京都右京区花園、御室の、妙心寺、仁和寺、龍安寺を巡ってみた。写真は妙心寺の退蔵院庭園。

もう紅葉が始まっていて、紅いもみじが石塔の上に散っていた。「写真に撮っておいてくれ」という声が聞こえたような気がして、しっかり撮らせてもらった。

 

| | コメント (0)

2021年11月 8日

日は落ちて三年ぶりの京の夜に雨は静かに降り始めたり

211108w

久しぶりに京都に来ている。昨年の夏にちょっとだけ寄り道したが、宿泊するのはほぼ 3山年ぶりぐらいだと思う。写真はホテルの部屋から見た京都駅。

今夜は雨になって明日の朝まで残るらしいが、10時頃には何とかなるらしい。

 

| | コメント (0)

2021年11月 7日

暮れて行く空に増え行く雲見上げ明日の旅路に思ひをいたす

211107w

ずっといい天気が続いていたが、明日からは崩れそうだという。

実は明日は久しぶりで関西に旅立つのだが、明日の夜から明後日の午前中にかけての関西は天気が怪しいらしい。私としては自らの「晴れ男」ぶりに期待するしかないのだが。

 

| | コメント (0)

2021年11月 6日

ひむがしの空にゆつくり日は昇り冬の赤さに染まる朝焼け

211106w

4日連続の上天気だった。明日からは少し下り坂になるらしい。

ただ最近は夜明けが遅くなって、6時頃になってようやく日が昇る。上の写真は 6時 15分ぐらいのものだ。これからますます日が短くなるのだろう。

 

| | コメント (0)

2021年11月 5日

棒立ちで風に揺るるといふこともなくただ光る河原の薄

211105w

今日も朝から快晴。

ところでススキと言えば垂れ下がった穂先が秋風に揺れる様を思い浮かべてしまうが、今年のススキはいつまでも直立に近い棒立ちだ。どうも秋が深まっているようなイメージからかけ離れている。

これから徐々に垂れ下がってくれるのだろうか。それとも真冬になっても棒立ちのままか。

 

| | コメント (0)

2021年11月 4日

自転車で走れば小貝川の風微かな音で耳撫でて行く

211104w 

今日は良く晴れて風も穏やかな、絶好のサイクリング日和だったので、小貝川沿いのサイクリング・ロードを約 30km ほど走った。

寒くもなく、かと言って汗をかくほどでもなく、本当に気持ちのいい走りだった。写真は小貝川の対岸の奥に筑波山を望むポイントから。

 

| | コメント (0)

2021年11月 3日

夕暮れの西の地平の黒雲のところどころの隙の夕焼け

211103_20211103213101

今日は 11月とは思えないほど温かい一日で、日中はほとんど上着要らずだった。夕暮れ時も風が穏やかで、少し涼しくなった程度。

一度冬のような寒さになったが、また秋がぶり返している。

週明けの月曜、火曜は雨になってしまうらしいが、その頃は私は関西に行っている。さて、天気はどう出るか。

 

| | コメント (0)

2021年11月 2日

見下ろせる川面に映る白鷺は見上ぐる如く気高くも見ゆ

211102w

我が家の裏の川に、シラサギは年中いるのだが、寒い季節になるとその数が増えるように感じている。このところ窓から見ると、必ずと言っていいほど 1羽以上の鷺がいるのだ。

風が静かな日は、実際のサギよりも川面に映る姿の方が美しく感じたりしてしまう。きっと、下から見上げる角度として見えるからかもしれない。

 

| | コメント (0)

2021年11月 1日

PC の画面よりふと目を逸らし外の日暮れて暗きに気付く

211101w

近頃、すっかり日が短くなってしまって、PC に向かって仕事に没頭していて、ふと気付けば外が暗くなってしまっている。それもそのはず、今日から 11月だ。今年もあと 2ヶ月しかない。

ずっとコロナ禍で自宅にいる時間が長く、PC に向かっていればネットを通じて大抵のミーティングまで済ませてしまえるので、本当に外に出る時間が減ってしまった。今年の『和歌ログ』を見ても、写真は近所の景色がほとんどである。こんなのは、このブログを始めてからなかったことだ。

来週は久しぶりで関西を旅することになっているので、少しは変化のある歌と写真が載せられると思っている。楽しみにするあまり、1週間経つのが遅く感じられてしまうかもしれない。

 

| | コメント (0)

« 2021年10月 | トップページ | 2021年12月 »