« 明日よりは田舎暮らしに戻らむと駅前ビルのネオンを仰ぐ | トップページ | PC の画面を離れ見上ぐれば空には既に半月光る »

2021年11月11日

三日間不在のうちに薄の穂垂れ下がりたる姿となりぬ

Img_1599

二泊三日の不在のうちに、裏の土手のススキの穂もだんだんと垂れ下がり始めたようだ。

いよいよ秋が深まる。冬の様相が本格的になるのはいつ頃からだろう。

 

|

« 明日よりは田舎暮らしに戻らむと駅前ビルのネオンを仰ぐ | トップページ | PC の画面を離れ見上ぐれば空には既に半月光る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日よりは田舎暮らしに戻らむと駅前ビルのネオンを仰ぐ | トップページ | PC の画面を離れ見上ぐれば空には既に半月光る »