« 嘴を素早く水に突き入れて白鷺は魚を啄みて呑む | トップページ | 夕焼けの中に佇む富士の峰の富士山らしき影を望みき »

2021年11月14日

白鷺といふ鳥のただ何気なく佇む川を見るぞ嬉しき

211114w

我が家の裏手を流れる川を見ると、大抵はシラサギがいる。時にはアオサギも来ているが、とても用心深くて写真を撮ろうとするだけですぐに気配を察して飛び去ってしまう。それで、かなり呑気なシラサギの写真ばかり多くなってしまう。

今日は天気がよく、風もほとんどなかったので、水面に映る姿もきれいに撮れた。

考えてみると、いつでもシラサギの姿が見られるというのは、かなり幸せなことなのかも知れない。都会では考えも付かないだろう。

 

|

« 嘴を素早く水に突き入れて白鷺は魚を啄みて呑む | トップページ | 夕焼けの中に佇む富士の峰の富士山らしき影を望みき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 嘴を素早く水に突き入れて白鷺は魚を啄みて呑む | トップページ | 夕焼けの中に佇む富士の峰の富士山らしき影を望みき »