« 日は暮れて対岸の道を次々にヘッドライトが通り過ぎ行く | トップページ | ひむがしの空に浮かべる満月のただゆつくりと欠けて行くなり »

2021年11月18日

青空に刷毛を滑らせ描きたる等圧線のごとき白雲

211118w

裏の河原を散歩していて、刷毛で描いたような白い雲の列に気付いた。あの列にそって、微妙に気圧が違っているのだろう。

空に描いた等圧線みたいなものかもしれない。

 

|

« 日は暮れて対岸の道を次々にヘッドライトが通り過ぎ行く | トップページ | ひむがしの空に浮かべる満月のただゆつくりと欠けて行くなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日は暮れて対岸の道を次々にヘッドライトが通り過ぎ行く | トップページ | ひむがしの空に浮かべる満月のただゆつくりと欠けて行くなり »