« 自転車で走れば小貝川の風微かな音で耳撫でて行く | トップページ | ひむがしの空にゆつくり日は昇り冬の赤さに染まる朝焼け »

2021年11月 5日

棒立ちで風に揺るるといふこともなくただ光る河原の薄

211105w

今日も朝から快晴。

ところでススキと言えば垂れ下がった穂先が秋風に揺れる様を思い浮かべてしまうが、今年のススキはいつまでも直立に近い棒立ちだ。どうも秋が深まっているようなイメージからかけ離れている。

これから徐々に垂れ下がってくれるのだろうか。それとも真冬になっても棒立ちのままか。

 

|

« 自転車で走れば小貝川の風微かな音で耳撫でて行く | トップページ | ひむがしの空にゆつくり日は昇り冬の赤さに染まる朝焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自転車で走れば小貝川の風微かな音で耳撫でて行く | トップページ | ひむがしの空にゆつくり日は昇り冬の赤さに染まる朝焼け »