« PC の画面よりふと目を逸らし外の日暮れて暗きに気付く | トップページ | 夕暮れの西の地平の黒雲のところどころの隙の夕焼け »

2021年11月 2日

見下ろせる川面に映る白鷺は見上ぐる如く気高くも見ゆ

211102w

我が家の裏の川に、シラサギは年中いるのだが、寒い季節になるとその数が増えるように感じている。このところ窓から見ると、必ずと言っていいほど 1羽以上の鷺がいるのだ。

風が静かな日は、実際のサギよりも川面に映る姿の方が美しく感じたりしてしまう。きっと、下から見上げる角度として見えるからかもしれない。

 

|

« PC の画面よりふと目を逸らし外の日暮れて暗きに気付く | トップページ | 夕暮れの西の地平の黒雲のところどころの隙の夕焼け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« PC の画面よりふと目を逸らし外の日暮れて暗きに気付く | トップページ | 夕暮れの西の地平の黒雲のところどころの隙の夕焼け »