« 日没を過ぎて半時経つ空に残れる青み深くなりゆく | トップページ | 冬空にやや傾ける日を受けて遙かに立てる日光の山 »

2021年12月 1日

この年も師走となれり十八年毎日歌を詠み来たりせば

211201w

この『和歌ログ』は平成 15年(2003年)12月 1日から始まっている。上の画像が、その記念すべき第一首目だ。

それからずっと「毎日更新」を続けて来たので、今日で「18年連続更新」の記録を達成したことになる。歌の数にすれば、6,575首目ということになる。

 

|

« 日没を過ぎて半時経つ空に残れる青み深くなりゆく | トップページ | 冬空にやや傾ける日を受けて遙かに立てる日光の山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 日没を過ぎて半時経つ空に残れる青み深くなりゆく | トップページ | 冬空にやや傾ける日を受けて遙かに立てる日光の山 »