« 冬空の常と異なる方角に筑波の峰を望み戻れり | トップページ | 初めての木枯らし吹けば刻まるる陰影深き波の川面よ »

2021年12月12日

傾斜地の砂を平らにならしては年末となる取手駅前

Img_1737

今日は仕事で千葉にでかけ、取手駅まで帰ってきたときには日が暮れていた。

クリスマス・イルミネーションが控えめに飾られた西口は今、再開発の工事中のようで、パワーショベルやブルドーザーで傾斜した砂地を平らにならしている。そのうちに、大きなビルが建ちそうな雰囲気だ。

個人的には、今さら余計なものを造らない方がいいような気がするのだが。

 

|

« 冬空の常と異なる方角に筑波の峰を望み戻れり | トップページ | 初めての木枯らし吹けば刻まるる陰影深き波の川面よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬空の常と異なる方角に筑波の峰を望み戻れり | トップページ | 初めての木枯らし吹けば刻まるる陰影深き波の川面よ »