« 西国のこの時期にては夕方の五時半過ぎも空青きなり | トップページ | 新年の雪をいただき青空を背景に立つ富士を拝めり »

2022年1月 9日

天草の海に浮かべる島々に生ひ茂りたる松の根思ふ

220109_20220109224601

今日の熊本は、朝の天気予報では曇りということだったが、実際には昼過ぎまで青空が続いた。私の晴れ男振りは、我ながら大したものである。

写真は移動の途中で写した天草の海。この辺りも「松島」という地名なのだそうだ。芭蕉が『奥の細道』で訪ねた東北の松島と似た景色で、こうしたところは「松島」という地名になりやすいのだろう。

あの岩でできた島に生える松の根は、どんなになっているのだろう。

 

|

« 西国のこの時期にては夕方の五時半過ぎも空青きなり | トップページ | 新年の雪をいただき青空を背景に立つ富士を拝めり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西国のこの時期にては夕方の五時半過ぎも空青きなり | トップページ | 新年の雪をいただき青空を背景に立つ富士を拝めり »