« 水中に顔突っ込みて餌を漁る鴨の渡りは近づきゐるか | トップページ | 年ごとに我が我が庭の片隅に咲き春を知らせる黄のクロッカス »

2022年2月24日

一輪の梅も咲かねど春の陽を受けて小貝の川ぞ眩しき

220224w

ちょっと前までは日本中のあちこちに行って歌を詠んでいたのだが、この 2年ぐらいはコロナ禍のせいで、ほとんど家の周りの風景しか読んでいない。

今日は天気もいいことだしと、せめて小貝川の遊歩道まで行ってみた。風はまだ冷たいが、光の色は完全に春になっていて、川面が眩しく光っている。

梅はまだ全然咲いていないが、来月になればどんどん咲き始めるだろう。

 

|

« 水中に顔突っ込みて餌を漁る鴨の渡りは近づきゐるか | トップページ | 年ごとに我が我が庭の片隅に咲き春を知らせる黄のクロッカス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水中に顔突っ込みて餌を漁る鴨の渡りは近づきゐるか | トップページ | 年ごとに我が我が庭の片隅に咲き春を知らせる黄のクロッカス »