« 夏といふ文字を貼り付けゐる如く積乱雲は高く湧き立つ | トップページ | 穏やかに横たふ如く見ゆれども雪を残せる安達太良の山 »

2022年6月 3日

雷に雹突風の洗礼を受けて磐城に辿り着きたり

220603w

午後 3時頃にクルマで出発し、7時過ぎに福島県白河市のホテルに着いた。明朝からの仕事のため、前泊である。

3時半頃にものすごい豪雨に遭い、まるで夜のように暗くなった空から、大きな雹まで降ってきたのには驚いた。栃木県に入った辺りから少しずつ回復して、一晩越して夜明けになったみたいに錯覚してしまった。

クルマから降りると、さすが東北の夕暮れで、ジャケットを重ねるほどの肌寒さだ。那須高原が間近に見える。

天気予報によれば、明日の仕事の本番の福島県内はいい天気になるらしい。またしても、しぶとい晴れ男振りを発揮させてもらうことになる。

 

|

« 夏といふ文字を貼り付けゐる如く積乱雲は高く湧き立つ | トップページ | 穏やかに横たふ如く見ゆれども雪を残せる安達太良の山 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夏といふ文字を貼り付けゐる如く積乱雲は高く湧き立つ | トップページ | 穏やかに横たふ如く見ゆれども雪を残せる安達太良の山 »