« 西空に赤みは差せど蒸し暑き日の変はり目となることもなし | トップページ | 初めての真夏日に身は追ひつかずただ一つなる梅の実を見る »

2022年6月19日

コロナ禍の過ぎ去りかけて街中に渋滞の列続きゐるなり

2206191w

写真は、今日の午後、クルマで出かけたときに赤信号で停まっていた時の、サイドミラーに映った光景。私の前にも信号 2回待ちぐらいの量のクルマが止まっていたが、後ろもご覧のように延々と続いている。

コロナ禍が一段落しかけて、街に人出が戻ってきた。この 2〜3年はクルマの流れがスムーズだったが、最近は渋滞することが多い。

「このくらい混むのが当たり前だったんだ」と、改めて思い出している。

 

|

« 西空に赤みは差せど蒸し暑き日の変はり目となることもなし | トップページ | 初めての真夏日に身は追ひつかずただ一つなる梅の実を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西空に赤みは差せど蒸し暑き日の変はり目となることもなし | トップページ | 初めての真夏日に身は追ひつかずただ一つなる梅の実を見る »