« 夕刻に青空となり思ひ出す四文字言葉の放射冷却 | トップページ | 雲一つ見えぬ空では太陽が夏思はする熱量放つ »

2023年10月16日

川岸で奇妙なまでに増えきたる背高泡立草と薄よ

231016w

今日は昨日と打って変わっていい天気だった。

土手にセイタカアワダチソウとススキが急に育ってきている。近頃セイタカアワダチソウは一時の勢いがなくなったように感じていたが、今年は昨年より多い印象だ。そしてススキの背もやたら高い。夏が暑かった影響だろうか。

 

|

« 夕刻に青空となり思ひ出す四文字言葉の放射冷却 | トップページ | 雲一つ見えぬ空では太陽が夏思はする熱量放つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 夕刻に青空となり思ひ出す四文字言葉の放射冷却 | トップページ | 雲一つ見えぬ空では太陽が夏思はする熱量放つ »