« 雲一つ見えぬ空では太陽が夏思はする熱量放つ | トップページ | つくばより西に望める富士山の裏側を見る甲府のホテル »

2023年10月18日

汗はかけど草木は秋を告げてをり木槿の花もしをれて落ちて

Img_5460

日が短くなったことでは充分に秋を感じるのだが、日中は気温 25℃ を超える「夏日」で、Tシャツ 1枚で外に出ても汗をかくほどだ。

日が陰ってくるとさすがに少しは涼しくなるが、それでも Tシャツの上に何かを重ねようという気にはなれない。先週初めはセーターまで着ていたというのに、季節感がどうにも掴みづらい。

ただ、裏のムクゲの木は、一時は白い花が満艦飾というほどに付いていたのに、今日はだいぶ数が少なくなり、咲いている花にしても半ばしおれて落ちかかっている。やはり、秋は進んでいるのだと思うしかない。

今週末から来週にかけては一気に秋の気温になるというので、体調にも気を付けなければ。

 

|

« 雲一つ見えぬ空では太陽が夏思はする熱量放つ | トップページ | つくばより西に望める富士山の裏側を見る甲府のホテル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雲一つ見えぬ空では太陽が夏思はする熱量放つ | トップページ | つくばより西に望める富士山の裏側を見る甲府のホテル »