« ひいやりと秋風渡る川土手に小栴檀草てふ花ぞ咲く | トップページ | 水嵩の低くなりたる中州には青鷺一羽じつと動かず »

2023年10月 5日

原付のハンドル上の蟷螂の眼光鋭く去る気配なし

231005w

今日の午後、50cc のいわゆる「原付バイク」で近所に出かけようとしたところ、ハンドルの根元に大きなカマキリがいる。

「済まんけど、これ使ってでかけたいんで、ちょっとどいれくれんかなあ」と頼んでも、「なんでワシがどかなあかんのや」(なぜか関西弁のイメージ)とばかりこちらをギロリと睨んでくる。

このバイクのハンドルがよほど気に入ったみたいでどうしてもどいてくれないので、仕方なく手で掴んで近くの草むらにひょいと置いたのだが、残念そうなそぶりでなかなか遠離ってくれない。

用を済ませて戻ってみると、さすがに姿は消えていた。やっと諦めてどこかに行ってくれたらしい。

 

|

« ひいやりと秋風渡る川土手に小栴檀草てふ花ぞ咲く | トップページ | 水嵩の低くなりたる中州には青鷺一羽じつと動かず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひいやりと秋風渡る川土手に小栴檀草てふ花ぞ咲く | トップページ | 水嵩の低くなりたる中州には青鷺一羽じつと動かず »