« 青空の広がりたれど汗だくにならぬは秋のありがたさかな | トップページ | 原付のハンドル上の蟷螂の眼光鋭く去る気配なし »

2023年10月 4日

ひいやりと秋風渡る川土手に小栴檀草てふ花ぞ咲く

231004w

今日は最高気温が 20℃ そこそこと、これまでと比べると肌寒いほどの天候だった。

一気に季節が進行したのかと思いきや、天気予報によれば明日はまた夏日の気温に戻るという。変化のめまぐるしいのは、秋の天気の特徴と言っていいだろう。

川土手の背の高い草の先に咲いている小さな黄色の花は、図鑑で調べるとどうやらコセンダングサというものらしい。開花時期は 8月から 10月とあるが、先月までは暑すぎて咲けなかったのだろう。やっと秋らしい秋になった。

 

|

« 青空の広がりたれど汗だくにならぬは秋のありがたさかな | トップページ | 原付のハンドル上の蟷螂の眼光鋭く去る気配なし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青空の広がりたれど汗だくにならぬは秋のありがたさかな | トップページ | 原付のハンドル上の蟷螂の眼光鋭く去る気配なし »