« 二日間小春日和の続きては穏やか過ぎる雲の動かず | トップページ | 季節てふものを語るにこれまでの記憶は邪魔になるばかりなり »

2023年11月24日

日暮れても暖か過ぎる冬の日を小春日和と言ひたくもなし

231124w

所用があり昼頃からクルマで出かけたのだが、窓を開け放って運転してちょうどいいぐらいの暖かさだった。日が暮れて帰ってくる時も、エアコンを切ったままの通風で充分で、「小春日和」と言うにも暖か過ぎるほどだった。

朝のうちの天気予報では、夕方過ぎは急に気温が下がって寒くなるということだったが、実際にはそれほどでもない。気温が下がるのはきっと日付が変わる頃なのではなかろうか。

夜明け前頃にどのくらい冷え込んでいるか、変な意味でちょっと楽しみである。

 

|

« 二日間小春日和の続きては穏やか過ぎる雲の動かず | トップページ | 季節てふものを語るにこれまでの記憶は邪魔になるばかりなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 二日間小春日和の続きては穏やか過ぎる雲の動かず | トップページ | 季節てふものを語るにこれまでの記憶は邪魔になるばかりなり »