« 雨雲の冬の寒さを呼び込みて筑波の峰を包みゐるなり | トップページ | 冬の陽の西の地平に沈みかけ紅と黒とに世界染め分く »

2023年11月13日

晩秋の夕日に赤く染まりたる刈田横切る立木の影よ

231113w

写真は今日の午後 4時 20分頃の田園風景。日が沈みかけていて、赤みを帯びた刈田の景色の中で木の影が長く伸びている。

今日は午前と午後、そして日向と日陰との体感温度がずいぶん違っていた。昼前に日の射さない室内にいるとゾクゾクするほどの肌寒さだったが、昼過ぎに日向を歩くと暖かささえ感じられた。

今後は最低気温が一桁台の日が続くようだ。冬はもうすぐである。

 

|

« 雨雲の冬の寒さを呼び込みて筑波の峰を包みゐるなり | トップページ | 冬の陽の西の地平に沈みかけ紅と黒とに世界染め分く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 雨雲の冬の寒さを呼び込みて筑波の峰を包みゐるなり | トップページ | 冬の陽の西の地平に沈みかけ紅と黒とに世界染め分く »