« 青鷺に向かひレンズを構へればぎやあと一声鳴きて飛び立つ | トップページ | 世の中は午後四時半を過ぎたれば日暮れの闇に包まれしなり »

2023年11月 9日

水量の減りたる川に舞ひ降りて首伸ばし立つ鴨の群れあり

231109w

今週半ば過ぎから寒気が流れ込み、季節が一気に進みそうという情報だったので、今日あたりは結構冷え込むかと思っていたのだが、日中はまだまだ暖かかった。季節の進行を感じるのは明日辺りからになりそうだ。

裏の川では鴨たちが集まってのんびりしている。川底に足をついて立っているのもいるので、冬に向かって水量がどんどん減ってきているのがわかる。

 

|

« 青鷺に向かひレンズを構へればぎやあと一声鳴きて飛び立つ | トップページ | 世の中は午後四時半を過ぎたれば日暮れの闇に包まれしなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 青鷺に向かひレンズを構へればぎやあと一声鳴きて飛び立つ | トップページ | 世の中は午後四時半を過ぎたれば日暮れの闇に包まれしなり »