« 北の空に千切れて浮かぶ雲黒く秋の残照受くる能はず | トップページ | 渡り来し筑波の秋の暑き日に水辺の鴨も戸惑ひゐるらむ »

2023年11月 1日

午後五時の南の空を見上ぐれば真夏の如き積乱雲立つ

231101w

上の写真は、今日の午後 5時前頃、茨城県取手市で撮った南の方角の雲。真夏でも見られないほどの見事な積乱雲である。おどろおどろしいほどの様相だ。

ちなみに今日は朝方は涼しかったものの、日が昇るにつれて「暖かい」というより「暑い」と言っていいほどの陽気になった。既に 11月なのだが、連休の前半は東京で気温 25℃ 以上の「夏日」になりそうだという。

1週間後の 8日は、暦の上だけの話とはいえ「立冬」なんだがなあ。

 

|

« 北の空に千切れて浮かぶ雲黒く秋の残照受くる能はず | トップページ | 渡り来し筑波の秋の暑き日に水辺の鴨も戸惑ひゐるらむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北の空に千切れて浮かぶ雲黒く秋の残照受くる能はず | トップページ | 渡り来し筑波の秋の暑き日に水辺の鴨も戸惑ひゐるらむ »