« クリスマス近づきゐると思はれぬ波のほとんど立たぬ川面よ | トップページ | ひむがしの地平の雲の夕日受け故郷の冬の山並みに見ゆ »

2023年12月21日

午後三時冷たき川の対岸に長く伸びゐる家々の影

231221w

冬という季節は、太陽の位置がかなり低い。真昼でもそれほど高くはならない。

そして午後 2時を過ぎるとますます低くなり、西に向かってクルマを運転する時は眩しくて、信号が見えにくくなったりするのでかなり注意が必要だ。

午後 3時頃帰宅すると、家の裏の川の対岸まで家々の影が伸びている。冬を感じさせる光景だ。

 

|

« クリスマス近づきゐると思はれぬ波のほとんど立たぬ川面よ | トップページ | ひむがしの地平の雲の夕日受け故郷の冬の山並みに見ゆ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クリスマス近づきゐると思はれぬ波のほとんど立たぬ川面よ | トップページ | ひむがしの地平の雲の夕日受け故郷の冬の山並みに見ゆ »