« ひむがしの地平の雲の夕日受け故郷の冬の山並みに見ゆ | トップページ | クリスマスイブは近づきウクライナ中東の地に思ひを致す »

2023年12月23日

冬空に十日目の月浮かびゐて明日クリスマスイブとぞいふる

231223w

今日もかなり寒い一日だった。

日がとっぷりと沈んでから東の空を見ると、上限の月からさらに少し膨らんだ月が見える。新月から数えて十日目の月のようだが、決まった呼び方はないらしい。

明日の夜はクリスマスイブである。時の経つのが今年ほど早く感じたことはない、来年はもっと早く感じるのだろうか。

 

|

« ひむがしの地平の雲の夕日受け故郷の冬の山並みに見ゆ | トップページ | クリスマスイブは近づきウクライナ中東の地に思ひを致す »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひむがしの地平の雲の夕日受け故郷の冬の山並みに見ゆ | トップページ | クリスマスイブは近づきウクライナ中東の地に思ひを致す »