« 午後五時にふと気がつけば世の中は夜の暗さに包まれてをり | トップページ | 冬の日の午後にこねたる玄麦の生地はふわりと焼き上がりたり »

2023年12月 2日

冷え込みて眠る天然酵母には手の温もりを伝え捏ねたり

231202w

今夜は、明日焼くための玄米パンをこねた。我が家の玄米パンについてはこちらでも何度か書いているが、40年ほどずっと育て続けている天然酵母を使うものだ。

だんだんと気候が冷えてきたので天然酵母の働きも少しゆっくりになるが、その分じっくりと手の温もりを伝え、じっくりとした味わいにつなげる。

【12月 8日 追記】

この『和歌ログ」は 2003年 12月 2日にスタートしているので、この日が 20回目の「和歌ログ記念日」ということを、すっかり忘れていた。

20回目というのは結構大きな節目なので、遅ればせながら 12月 8日付で詳しく書いているので、よろしく。

|

« 午後五時にふと気がつけば世の中は夜の暗さに包まれてをり | トップページ | 冬の日の午後にこねたる玄麦の生地はふわりと焼き上がりたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 午後五時にふと気がつけば世の中は夜の暗さに包まれてをり | トップページ | 冬の日の午後にこねたる玄麦の生地はふわりと焼き上がりたり »